犬にもアレルギーはあるのか

人間でもアレルギーを引き起こす人たちは多く存在していますが、同じように、犬にもアレルギーが存在します。実際にアレルギーによって引き起こされる症状は様々ですが、その中でも代表的なのが皮膚炎や鼻炎、眼瞼炎症、腸炎などです。アレルギーには多くの要因がありますが、犬の場合、その中でも割合的に多いのが、食物によるアレルギーです。これは主にドッグフードが原因でアレルギーになることが多く、皮膚炎など様々な症状が現れる恐れがあります。

では、実際に反応が起こりやすい条件や食べ物は何かについて説明をします。基本的には全てが食物による原因とは限りません。犬種によっても体質的な特徴は異なりますし、遺伝や環境要因が関わっていることもあり、必ずしも食物が原因であるとはいうわけではありません。一般的に食物の中でアレルギーになりやすいものとしては、牛肉、乳製品、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこしなどが挙げられます。これらを食べることによってアレルギー反応を引き起こす可能性があると言われています。

こういった食物から発生するアレルギーの症状はどのくらい続くのでしょうか。それぞれ犬の成長状態や体質、アレルギーの症状によっても異なりますが、こちらも人間同様に、比較的早く治る犬もいれば一生付き合っていかないといけない場合もあります。

このように、犬のアレルギーについて大まかに説明をしましたが、アレルギーはそれぞれ犬によって症状なども変わります。愛犬が快適に暮らすためにもアレルギーについて知っておいた方がいいので、ここでは主にアレルギーについての豆知識を紹介します。