アレルギー対策のドッグフード選び

犬のアレルギーの症状が酷い場合には、獣医に診てもらうことが大切になりますが、飼い主は普段からできる対策方法について考えるといいでしょう。特に食物アレルギーの場合はドッグフードの選択について考えることが大切です。では、実際にどんな対策方法があるのか、ここではアレルギー対策として選びたいドッグフードについて紹介します。

まず1つ目は、添加物の使用量が少ないドッグフードを選ぶことです。ドッグフードは種類が多く存在していますが、中には食欲を進ませるためにあえて添加物を使用したドッグフードも存在しています。添加物を含んだドッグフードを与え続けると身体に負担がかかり、アレルギーの症状が酷くなる可能性もあります。まずは添加物の使用が少ないドッグフードを選択するといいでしょう。添加物を含んだドッグフードを与え続けると身体に負担がかかり、アレルギーの症状が酷くなる可能性もあります。犬の健康を考えるなら、アランズナチュラルドッグフードのような無添加添加物にこだわったドッグフードを選択するといいでしょう。

アランズ ナチュラルドッグフードは、「野生の犬が自然の中で食べていた食事を、できるかぎり忠実に再現する」という自然給餌の考え方をいち早く取り入れ、人工的に合成された添加物を一切使用せず、自然素材で作られています。

出典: アランズ ナチュラルドッグフード:無添加ドッグフード

また2つ目はEPAについても考えましょう。EPAとはサーモンやサケ、タラ、ニシンなどに含まれている栄養素ですが、これはアレルギー体質の犬にもよいと言われており、対策ができる可能性もあると言われています。

このように、アレルギー対策について紹介をしましたが、対策にはドッグフードの選び方は重要になるので、愛犬の健康を考えて慎重に選ぶようにするといいでしょう。

犬のアレルギーによるしぐさとは

犬も人間のように食物アレルギーを引き起こすことが多くありますが、犬は人間のようには話すことができないため、常日頃から健康状態を観察して、症状に気付いてあげないといけません。何も理解せずに放置していると、愛犬の症状はどんどん悪化してしまう可能性があります。そうならないためにも、アレルギーになったらどのようなしぐさをするのかについて事前に調べておいた方がいいでしょう。ここではそういったことについて説明します。

しぐさとして色々ありますが、食物アレルギーで最も多いのが体を痒がる行為です。食物アレルギーでは発疹や脱毛が見られることがあり、それによって痒みを伴うことがあるので、特定の部位だけを中心にかいたりすることがあります。この場合は飼い主がいち早く気付き、悪化させないようにするために、噛んだりかいたりさせないよう対応する必要があります。早めに気付いて処置することで、症状も軽く済むことがあります。

また、下痢や嘔吐が続くのもアレルギー症状として見受けられます。基本的には痒くなる犬が多くなりますが、場合によっては下痢や嘔吐が続くことがあります。例えば普段は全く下痢や嘔吐をしないのにある日突然下痢や嘔吐が続くようになったなどの症状が続く場合には、アレルギー症状である可能性もあります。痒がる以外にも下痢や嘔吐などの症状が現れたら早めに獣医に見てもらうことが大切です。

犬にもアレルギーはあるのか

人間でもアレルギーを引き起こす人たちは多く存在していますが、同じように、犬にもアレルギーが存在します。実際にアレルギーによって引き起こされる症状は様々ですが、その中でも代表的なのが皮膚炎や鼻炎、眼瞼炎症、腸炎などです。アレルギーには多くの要因がありますが、犬の場合、その中でも割合的に多いのが、食物によるアレルギーです。これは主にドッグフードが原因でアレルギーになることが多く、皮膚炎など様々な症状が現れる恐れがあります。

では、実際に反応が起こりやすい条件や食べ物は何かについて説明をします。基本的には全てが食物による原因とは限りません。犬種によっても体質的な特徴は異なりますし、遺伝や環境要因が関わっていることもあり、必ずしも食物が原因であるとはいうわけではありません。一般的に食物の中でアレルギーになりやすいものとしては、牛肉、乳製品、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこしなどが挙げられます。これらを食べることによってアレルギー反応を引き起こす可能性があると言われています。

こういった食物から発生するアレルギーの症状はどのくらい続くのでしょうか。それぞれ犬の成長状態や体質、アレルギーの症状によっても異なりますが、こちらも人間同様に、比較的早く治る犬もいれば一生付き合っていかないといけない場合もあります。

このように、犬のアレルギーについて大まかに説明をしましたが、アレルギーはそれぞれ犬によって症状なども変わります。愛犬が快適に暮らすためにもアレルギーについて知っておいた方がいいので、ここでは主にアレルギーについての豆知識を紹介します。